リンヴォック®について

炎症が起こる仕組み

強直性脊椎炎患者さんの病変部では、一部のサイトカインが通常よりも増えています。サイトカインが免疫細胞の表面にある“受容体”という部分に結合すると、細胞核にシグナルが送られ、さらに多くの炎症性サイトカインがつくられます。それにより病変部でサイトカインが増えて炎症が起こり、痛みや腫れ、骨の変化を引き起こしてしまいます。

皮膚や関節の炎症が起こる仕組みについての補足画像

リンヴォック®のはたらき

“JAK(ジャック)”は免疫細胞の中でサイトカインなどの受容体に結合し、炎症を引き起こす細胞内のシグナル伝達をコントロールしています。リンヴォック®はそのJAKに結合することによって、炎症を引き起こすシグナルが細胞核に伝わるのをブロックし、炎症を抑えます。

リンヴォック®のはたらきについての補足画像

リンヴォック®の効果

リンヴォック®の服用により、強直性脊椎炎によって起こる痛みや腫れ、こわばりなどの症状を改善し、関節や骨に対する損傷を防ぐことによって、今まで通りの日常生活を送れることが期待されます。

リンヴォック®による治療を行った人と、治療を行わなかった人の、治療をはじめてから症状がよくなった人の割合を比べたグラフ(イメージ図)

※リンヴォック®による治療は、NSAIDなどによる治療を行っても明らかな症状が残る強直性脊椎炎の患者さんが対象となります。

注)リンヴォック®の適応症は「既存治療で効果不十分な強直性脊椎炎」です。