リンヴォック® 潰瘍性大腸炎でリンヴォック®を服用される患者さんへ

  • HOME
  • 潰瘍性大腸炎について

潰瘍性大腸炎とはどんな病気?

大腸に炎症をきたし、血便や下痢、腹痛などの症状がみられます

潰瘍性大腸炎は、大腸に慢性的な炎症をきたすために、大腸の粘膜にむくみや潰瘍、出血などが起こる病気です。血便や下痢、腹痛などの症状が続き、発熱やだるさなどの症状がみられることもあります。
近年はさまざまな働きをもつ治療薬が登場しており、適切に治療をすることで、症状が落ち着いた状態を保つことが可能になってきています。

よくなったり(寛解)、悪くなったり(再燃)をくり返す病気です

潰瘍性大腸炎は、症状が落ち着いている時期(寛解期)と、再燃して症状がみられる時期(活動期)をくり返すことが多いという特徴があります。
寛解期には、病気がない人と同じように日常生活を送ることが可能ですが、体調の変化など、何かのきっかけで再び症状が悪化してしまうこともあるため、再燃を防いで寛解を維持するための治療を継続することが大切です。

潰瘍性大腸炎の経過

治療と通院を継続することの大切さ

症状が落ち着いていても大腸の炎症は続いています

潰瘍性大腸炎の再燃を予防するためには、大腸の粘膜の炎症がほぼ正常にもどった状態を目指すことが重要です。治療によって症状が落ち着いていても大腸の粘膜には炎症が残っていることがありますので、症状だけでなく、内視鏡検査をして大腸の状態を観察することも大切です。

症状の経過と粘膜の炎症

鈴木康夫 IBD research 8, 3: 207-210(2014)より改変

治療と定期的な通院を続けることが重要です

つらい症状があるときはお薬をきちんと飲めていても、症状が落ち着くと、「もう飲まなくても大丈夫なのでは?」と思うこともあるかもしれません。
しかし、治療をやめてしまうと、症状が再発したり、悪化したりすることも少なくありません。お薬による治療で症状が改善しない場合には手術が必要になることや、長い期間にわたり炎症が持続することでがんを発生させることもあります。
症状がみられなくても、お薬をきちんと飲み続けること、定期的に通院して検査をし、大腸の炎症の状態を観察していくことを忘れないようにしましょう。

治療のために必要な検査

潰瘍性大腸炎を診断するために、また診断後に重症度や炎症が起きている場所を確認して治療方針を決めるために、さまざまな検査をおこないます

問診

便の状態(血便の有無、下痢など)や排便回数、腹痛などの症状について確認します。また、お薬の影響で腸炎の症状がみられることもあるため、服用しているお薬などについても確認します。

血液検査

採血をして、貧血の有無、炎症の程度、栄養状態の評価など全身の状態を調べます。

便検査

ほかの病気と区別するために、細菌などによる感染や出血の有無(血便)を調べます。また、便の中のカルプロテクチンという物質の量をみることで腸の炎症の程度を確認することもあります。

大腸内視鏡検査

大腸の炎症が起こっている場所や炎症の広がり具合、程度を調べます。この検査のときに、粘膜組織の状態を詳しく調べる「生検組織検査」のために、大腸粘膜の組織を採取することもあります。

注腸X線・腹部超音波・CT・MRI検査

大腸の様子を画像で確認し、炎症の範囲や程度などを調べます。肛門から入れた管から造影剤を注入して腸の状態を詳細に調べる注腸X線検査のほか、腹部超音波検査やCT検査、MRI検査をおこなうこともあります。

治療法と治療の進め方

重症度に応じてお薬を選択し症状に見合った治療をおこないます

潰瘍性大腸炎は、症状の強さから「軽症」「中等症」「重症」「劇症」に分類されます。軽症から中等症の治療では、まず5-アミノサリチル酸(5-ASA)製剤を使用します。
5-ASA製剤で改善しない場合、重症度に応じて、ステロイドや免疫調節薬、免疫抑制剤、生物学的製剤(抗TNF-α抗体製剤等)、ヤヌスキナーゼ(JAK)阻害剤などによる治療や、血液中の炎症細胞を取り除く「血球成分除去療法」を検討します。
これらの治療で改善しない場合などは、手術をおこないます。
このように潰瘍性大腸炎の治療では、重症度に応じて使用するお薬を選択し、必要に応じてステップアップしながら治療を強化していきます。一方、症状が十分におさまれば、再燃に留意した上で緩やかな治療へのステップダウンが考慮されます。

難治性炎症性腸管障害に関する調査研究(鈴木班).
潰瘍性大腸炎の皆さんへ 知っておきたい治療に必要な基礎知識, 第4版 2020年3月改訂をもとに作図

腸の炎症はどのように起こりますか?

炎症を引き起こす物質が過剰に作られることでつらい症状が慢性的に起こります

潰瘍性大腸炎の患者さんの大腸では、炎症を引き起こす物質(炎症性サイトカイン)が大量に産生されています。炎症性サイトカインの刺激により、腸の粘膜が傷つくことで、下痢や血便、腹痛などの症状が引き起こされます。
また、炎症性サイトカインが免疫をつかさどる細胞の表面にある「受容体」に結合すると、細胞の中に信号が伝えられ、さらに多くのサイトカインが作られるようになります。このくり返しにより、炎症は慢性化していきます。