アトピー性皮膚炎でリンヴォック®を服用される患者さんへ アトピー性皮膚炎でリンヴォック®を服用される患者さんへ

※リンヴォック®の適応症は「既存治療で効果不十分なアトピー性皮膚炎注)」です。 注)最適使用推進ガイドライン対象

はじめに はじめに

アトピー性皮膚炎は、症状がよくなったり悪くなったりを繰り返す疾患です。
そのため、患者さんの日常生活に支障をきたさないように、症状を抑えた状態を維持することを目指して治療を行います。
リンヴォック®は、従来の治療薬とは異なるはたらきをすることから、これまで症状を抑えることが難しかった患者さんでも、症状のコントロールが可能となることが期待できます。
アトピー性皮膚炎の治療は、一度症状が治まった後にも継続することが重要です。
本サイトでは、患者さんの治療継続をサポートすることを目指し、患者さんの悩み、治療目標や治療のスケジュールを患者さんと医師で共有できるような内容となっています。
ぜひ、長期にわたるアトピー性皮膚炎治療に本サイトをお役立てください。

あなたのリンヴォック®治療ロードマップ あなたのリンヴォック®治療ロードマップ

こちらのロードマップは、リンヴォック®の標準的な治療方法を示しています。
実際の治療は、定期的に病院を受診し、医師と治療の効果を確認しながら行うため患者さんによって異なります。治療の進め方がロードマップから外れたとしても、不安に思う必要はありません。
ロードマップは、あくまでも標準的な治療スケジュールです。実際の治療については、医師の指示に従いましょう。
リンヴォック®の服用中も、保湿剤の使用を継続しましょう。症状によっては、ステロイド外用薬などを併用して治療を行います。

事前検査

診察・問診・血液検査・画像検査

結核、B型肝炎ウイルスに感染していないことを調べます。

服用開始

診察・問診

用法用量や副作用について医師・薬剤師から説明があります。本サイトでも内容を確認しましょう。

今日から治療ダイアリーを記入し症状を
記録しましょう。

治療ダイアリーのダウンロードはこちら

2週間後

診察・問診・必要に応じて血液検査・画像検査

症状、副作用の発現および服薬状況について確認します。

4週間後

診察・問診・必要に応じて血液検査・画像検査

症状、副作用の発現および服薬状況について確認します。

8週間後

診察・問診・必要に応じて血液検査・画像検査

薬の効果、副作用の発現について検査を行い確認します。
症状によっては、薬の増量・減量、中止も含めて検討します。

寛解※のまま6ヵ月経過後

診察・問診・必要に応じて血液検査・画像検査

症状、副作用の発現および服薬状況について確認します。
症状を継続してコントロールできている場合は、リンヴォック®の服用を一時中止することを検討します。
※寛解:症状が治まっている状態

ベージTOP